カテゴリー別アーカイブ: 工事担当者

【無線LAN】アクセスポイント

【無線LAN】を使ってインターネットに接続する場合、アクセスポイントが必要になります。

公衆【無線LAN】のインターネットが接続できるアクセスポイントには、駅やファーストフード店などがあります。

どこででも利用することはできず、自分が申し込んでいるプロバイダーの【無線LAN】アクセスポイントが必要になります。

実は私、公衆【無線LAN】ってどこでも無料で利用できると思っていたのですが、違うんですね。

海外などでは街中どこででも【無線LAN】が無料で利用できる国もあるんだそうです。

特に観光地のカフェなどではパスワードを入れれば簡単に【無線LAN】を利用することができるので、観光客にとっては有難いですよね。

日本の場合は、利用できる【無線LAN】アクセスポイントが限られているため、どこで利用できるか予め調べておく必要があります。

 

【無線LAN】を自宅で利用する場合のアクセスポイントはどのようになっているのでしょうか。

ブログやサイトなどで【無線LAN】のアクセスポイントについて調べてみたのですが、IT系に弱い私には正直あまり理解出来ませんでした。

ブログやサイトなどによると、アクセスポイントというのは、【無線LAN】で繋いでいる端末同士と有線LANとを相互変換してくれるものなんだそうです。

でも、以前読んだサイトでは【無線LAN】に繋ぐためには親機となるルーターと子機が必要とあったんですよね。

図解で説明してくれているサイトなどもありますが、なんとなく分かるものの、興味が無いと難しいです。

でも、気になったので、さらに調べてみると、【無線LAN】のルーターにはアクセスポイントの機能も含まれているんだそうです。

【無線LAN】のルーターって一台で二役こなす優れものなんですね。

 

【無線LAN】のルーターにはルーター機能をオン・オフで切り替えてアクセスポイントだけを使用することもできます。

また、数はかなり少ないようですが、【無線LAN】アクセスポイントだけというのも販売されています。

でも、私にはどんな状況の時に【無線LAN】のアクセスポイントだけを使用するのかがよく分かりませんでした。

【無線LAN】でインターネット接続するのにルーターが必要でそこにアクセスポイントの機能もあれば、わざわざアクセスポイントだけを購入する必要がない気がします。

私みたいな素人が利用するのではなく、もっと色々と複雑なことの出来る人には【無線LAN】アクセスポイントだけというのも必要なのかもしれませんね。

【無線LAN】アクセスポイントについて、ブログやサイトなどで調べてみましょう。

中古ドメイン買取 中古車査定