服装の【葬儀でのマナー】

【葬儀でのマナー】としての服装は、通夜までは、近親者の服装は喪服に着替える必要はありません。

地味な服装でよいのですが、【葬儀でのマナー】としての服装は、通夜の時は、基本的には、遺族や親族の人は喪服を着用します。

弔問客の場合は、【葬儀でのマナー】としての服装は、平服でもよく、遊び着や派手な色の服装でなければOKです。

女性の場合、【葬儀でのマナー】としての服装は、結婚指輪以外、アクセサリーをしない方がいいでしょう。

そして、【葬儀でのマナー】としては、服装だけでなく、女性は化粧も控え目にしなければいけません。

髪型もまた、【葬儀でのマナー】としての服装と共に、普段のままでお悔やみに合ったスタイルにすることです。

訃報を聞いて取りあえず、仮通夜に弔問に行く時のような場合は、【葬儀でのマナー】としての服装は、平服のままでもいいでしょう。

 

【葬儀でのマナー】としての服装は、時間がない時は、むしろ平服のほうが自然かもしれません。

慌ただしく仕事先から駆けつけてきたのに喪服を着ているのはおかしく、【葬儀でのマナー】としての服装は、臨機応変に対応すべきです。

不幸を予期していたようで失礼ということもあるので、【葬儀でのマナー】としての服装は、その時の状況次第です。

暑い時分で上着を着ていないシーズンもありますが、【葬儀でのマナー】としての服装は、説明があれば十分です。

また、亡くなった方とのお付き合いの程度によっても、【葬儀でのマナー】としての服装は変わってきます。

その晩すぐにでも顔を出したいと思った場合は、【葬儀でのマナー】としての服装は、その旨を説明すればいいのです。

最近では、本通夜でも平服で訪れる人もいるので、【葬儀でのマナー】としての服装は、堅苦しく考える必要はありません。

 

【葬儀でのマナー】としての服装は、サラリーマンの場合、告別式でも仕事の合間に抜ける場合は、質素な平服でもかまいません。

喪服を着るのを忘れたから参列しないというよりはずっとよく、【葬儀でのマナー】としての服装は、状況に合わせましょう。

とり急ぎ通夜の弔問にかけつけるような時は、【葬儀でのマナー】としての服装は、平服でもよいということです。

但し、平服の場合は、【葬儀でのマナー】としての服装は、なるべく地味な服装が望ましいでしょう。

男性の場合、【葬儀でのマナー】としての服装として、急いでいる時でも、できればネクタイと靴下は黒に換えることです。

特に親しい間柄でない場合には、【葬儀でのマナー】としての服装は、黒めの平服でも問題はないでしょう。