メンズに人気の【セレクトショップ】

2015年4月28日

【セレクトショップ】は今やメンズファッションには欠かせない存在だとかって言われたりもしていますが、皆さんは利用された事ありますか。

勿論Yesと答えられる方も多いかとは思いますが、残念ながらnoという方の方がもっと多い、それが我が国のメンズファッション事情だろうと友人なんかは言います。

でも、実際にはnoだと思い混んで、自信を持って回答された方の中にも、【セレクトショップ】を利用された事のある方は少なくないはず。

特に特定のブランドへの拘りの少ないメンズの方なら、その可能性は決して低くはないでしょう。

何故なら、【セレクトショップ】というのは、特定のブランドに拘らず、多種多様のスタイルのファッションアイテムを提供しているショップの事だからです。

 

【セレクトショップ】というのは、元々はオーナーやスタッフの好みやセンスで商品を取りそろえたショップの事。

ですから、メンズファッション業界においては、思いのほかオーソドックスなスタイルだと言えるでしょう。

だからと言って、百貨店はあくまでも百貨店であって、【セレクトショップ】じゃありませんよ。

ただ、少しカントリーなエリアの町でよく見かける、メンズファッションなら一応うちで一通り揃いますよなんておばちゃんが店番しながら言うようなお店。

まあ地元のメンズファッションを一気に引き受けているような店舗な訳ですが、そういうところは案外本格的な【セレクトショップ】である可能性も高いでしょうね。

だって、メンズの衣類と服飾雑貨なら、取り敢えず超有名なブランドであっても、全くのノンブランドであっても置いているっていう事が珍しくないから・・・。

されど、完全な中高年メンズ向けの【セレクトショップ】である事もしばしばなんで、ちょっと要注意ですけどね。

 

【セレクトショップ】でメンズに人気を集めているのは、やっぱ国内ではUNITED ARROWSか、老舗の一つとも言えるSHIPS、あるいはBEAMS辺りでしょうか。

後はJOURNAL STANDARDやnano・universe、それにURBAN RESEARCHなどもメンズの支持を集めている事は間違いなさそうです。

まあもっとも、この辺はレディースの【セレクトショップ】としても人気で、ここにも男女平等の波を感じずにはいられませんね。

逆に言えば、一つのブランドやコンセプトに拘らないからこそ、メンズにもレディースにも愛されるショップに繋げられるのかも知れません。

そういう意味では、ユニクロこそ世界一の【セレクトショップ】だと言う人もいて、思わず納得させられそうですが、あれはやっぱちょっと違うでしょう。

ユニクロの場合は、単に自社ブランドをバンバン売っているだけで、他社ブランドは取り扱っていませんから、またちょっと異なるだろうと思います。

【セレクトショップ】の意味合いが異なりますね

でも、こういうのも中々面白い見解ですし、もっともっと関連のブログやサイトを参考に、【セレクトショップ】とメンズファッションについて極めたいところですね。