2013年9月10日

【育児休暇】というのは、長期休暇をとることになるので、挨拶として、その理由をしっかり伝える必要があります。
もちろん、どこまで具体的に知らせるかは相手との関係性によって違い、【育児休暇】の挨拶は、臨機応変が求められます。
【育児休暇】の挨拶をする時は、職場の人相談しながら、上手く対処していく必要があります。
基本的には、私事で大変恐縮ですが、来月から【育児休暇】のため、休職する事になりました、というのが挨拶の基本になります。
そして、休職中の対応については、私に代わって、誰誰が担当するということも、【育児休暇】の挨拶に付け加えるべきでしょう。
また、【育児休暇】の挨拶の中で、自分のアドレスを伝えておくとよく、緊急の場合、連絡してもらえます。
しばらくの間、【育児休暇】は職場を離れることになるので、挨拶の際、復帰する日も伝えておくとよいでしょう。

【育児休暇】の挨拶は、その締めくくりとして、恐縮ですが今後とも変わらぬお付き合いのほど、という言葉も必要です。
上司にも同僚に対しても、【育児休暇】の挨拶として、ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします、と言うべきでしょう。
基本的に、【育児休暇】の挨拶の場合、菓子おりなどは渡す必要はありませんが、時々子供を見せに行ったりするのはいいかもしれません。
その際に、皆でつまめるようなお菓子を持って行くと良く、【育児休暇】についてはやらないよりはそうしたことはやっておいた方がいいでしょう。
もし菓子折りなどでの【育児休暇】の挨拶で迷った場合は、贈っておけば無難と考えるべきです。
わざわざ、【育児休暇】の挨拶のためにお金をかけたくない思いはあるでしょうが、贈られて嫌な気にはなりません。
また、【育児休暇】の挨拶の時ではなく、複職のときに、改めてよろしくという意味で菓子折を持っていく手もあります。

【育児休暇】の挨拶については、職場復帰の時の挨拶も必要で、その時は仕事に対する意気込みを語る必要があります。
家庭はもちろん、働く母親にとっては職場も大切なので、【育児休暇】の復帰の挨拶も大事なことなのです。
また、復帰後、子供の病気で突然休むようなこともあるので、【育児休暇】の復帰の挨拶は、その辺のことも盛り込んでおくと良いでしょう。
復帰初日には、【育児休暇】の挨拶と共に、菓子折を持って行くと良く、その間に代替要員となってくれた人を労います。
とにかく様々な人たちのお世話になったと考え、復帰の際の【育児休暇】の挨拶は、感謝の気持ちを表明することです。
復帰日当日は、全従業員の前で【育児休暇】の挨拶をすることになるので、全員にわかるような挨拶を心がけましょう。