【協議離婚】と裁判所

2015年4月25日

【協議離婚】は、ある意味で言えば円満な離婚方法と言えるでしょう。

もちろん、特別な事情がない限り【協議離婚】だろうと離婚が望まれる事はありません。

しかし、【協議離婚】が考慮されるという事は少なくとも離婚に対して良い方向性と言えます。

【協議離婚】は幾つかある離婚方法の中で、一番ベーシックだと言えるもので特に複雑な事はありません。

裁判所に行ったり誰かを間に立たせて話し合いをしたりという事はなく、基本的に【協議離婚】は夫婦二人の話し合いによって行われます。

結論は、ただ話し合って決めただけでは法律的に力を持たないため【協議離婚】に際しては公正証書を作成する事が勧められます。

そして、この公正証書を作成するにあたって離婚協議書を作成しておくと【協議離婚】がスムーズに行われるのではないでしょうか。

 

【協議離婚】は、離婚における第一段階という事になります。

この段階で話がまとまらなかった場合、【協議離婚】から調停離婚へと移行していく事になります。

【協議離婚】で話し合っている時に双方の同意が得られない場合、どちらかが家庭裁判所に離婚調停を申し込みます。

家庭裁判所に舞台は移行しますが、実際に裁判形式で行われる訳ではありません。

また、裁判所が出てくるのはあくまでも【協議離婚】に失敗した時です。

【協議離婚】の段階で離婚へ向けた話し合いが成立しているなら、家庭裁判所も調停委員も出番はありません。

ただ、【協議離婚】で取り決めた約束が正しく守られない場合には離婚後に裁判所のお世話になる事があるでしょう。

【協議離婚】が二人の話し合いによって離婚の方向性を決めていくにしても、単なる話し合いでは強制力がないのです。

そのままだと【協議離婚】に意味がなくなってしまうため、大抵の場合は離婚協議書や公正証書を用意するものです。

 

【協議離婚】に向けて、予定があるなら色々と準備を進めておきましょう。

【協議離婚】そのものを成立させるだけなら、離婚届以外に必要となるものはありませんが実際的には離婚協議書などを用意します。

どんなものかを知っておけば、用意するにしてもスムーズに作業ができるので【協議離婚】も速やかに行われるでしょう。

万が一、【協議離婚】が成立しそうにない場合にでも調停離婚や裁判離婚に向かう上で行動が早くなります。

そうなった時、【協議離婚】では想定されない家庭裁判所で何をするのかという事も把握しておくと良いかもしれません。

【協議離婚】や調停離婚について詳しい情報は、ブログやサイトから簡単にチェックすることができます。