カード式【自動納骨堂】

【自動納骨堂】には、色々な形式の納骨堂がありますが、最近人気になっているのが、カード式のものです。

カード式で定評があるのが、えにしの苑の【自動納骨堂】で、全自動カード式になっているので、非常に便利に利用することができます。

まさに安全、安心の【自動納骨堂】であり、このカード式の納骨堂は、春慶寺の中にあります。

お寺では、納骨堂に関するさまざまな疑問や質問に回答してくれ、有意義にカード式の【自動納骨堂】が利用できるよう配慮しています。

また、カード式の【自動納骨堂】を是非見てみたいと言う人のために、いつでも見学ができるようになっています。

えにしの苑は全自動カード式の【自動納骨堂】で、この施設を運営しているのが、春慶寺なのです。

東京スカイツリーの前を流れる北十間川を渡ったところに、カード式の【自動納骨堂】は、位置しています。

 

【自動納骨堂】は、今やカード式の時代で、以前と比べて、より便利に利用できるようになりました。

カード式の【自動納骨堂】を運営している春慶寺は、江戸時代、浮世絵にも描かれたことのある立派な歴史あるお手です。

えにしの苑のカード式の【自動納骨堂】での永代供養料は、580,000円となっていて、年間管理費が5,000円必要です。

納骨してから33年間、毎日供養してくれ、【自動納骨堂】を利用すると、33年後に春慶寺総墓に合葬されて永代供養されることになります。

もちろん、カード式の【自動納骨堂】は、夫婦や家族での申し込み以外でもしっかり対応してくれます。

カード式の自動搬送システムを導入している【自動納骨堂】では、木製漆塗仕上げの御堂が自動的に拝殿口に運ばれるようになっています。

お参り口の横に設置されたパネルにカードを挿入すると、御堂が自動的に搬送されるのがカード式の【自動納骨堂】の特徴です。

 

【自動納骨堂】にカードを挿入すると、約50秒後に扉が開くので、静かに参拝することができます。

カード式の【自動納骨堂】は、1御堂に最大4体まで納骨ができますが、それ以上の納骨も相談によっては可能になっています。

但し、カード式の【自動納骨堂】で1御堂に2体以上の納骨をする場合は、遺骨はパウダー状になります。

御堂を保管する施設の耐久性が優れているのが、カード式の【自動納骨堂】の魅力ですが、耐久期限があるので要注意です。

カード式の【自動納骨堂】の場合、立て替えがいつか必要にはなりますが、それまでしっかり供養をすることができます。

また、カード式の【自動納骨堂】は、直接参拝できない人のために、ネットを導入したサービスも展開しています。

自動納骨堂買取

中古車査定