【自動納骨堂】とは

2015年3月3日

【自動納骨堂】とは、遺骨を納める屋内型の施設を指し、墓石を購入する必要がないのが特徴です。

比較的料金が割安であることから最近、【自動納骨堂】は人気になっていて、全国各地で増加しつつあります。

遺骨を納める場所は、【自動納骨堂】には、ロッカー型、仏壇型、お墓型など、様々なパターンがあります。

また、【自動納骨堂】は、コンピューター制御され、自動的に骨壷が運ばれてお参りできるので、とても便利です。

スクリーンに遺影が映し出されたりして、【自動納骨堂】は、まさに現代が生んだ画期的なシステムと言えます。

義務の供養から自発の供養へという理念の元に、【自動納骨堂】は誕生していて、今では中核事業として立派に発展しています。

寺院をはじめとして、宗教法人の運営業務IT化に係るシステム制作を提供しながら、【自動納骨堂】は事業展開しています。

 

【自動納骨堂】は、昨今の寺院をとり巻く社会情勢変化に機敏に対応したもので、寺院をはじめとする宗教法人が有する旧来型意識の変革に挑戦したものです。

今後の寺院運営の安定化に寄与する総合ソリューションが【自動納骨堂】で、今後益々の発展が期待されています。

【自動納骨堂】の所要スペースは、地下や高さを活用するので、12坪程度に2,000基の納骨棚を設置することができます。

土地の形状や建物の制約に合わせ、自在な設計を提案することができるのが、【自動納骨堂】の大きな魅力と言えます。

一区画あたりの【自動納骨堂】の納骨可能数は、1基当たり2霊分の骨壷を収納するのが基本になっています。

そして、遺骨を納骨袋に移し替えることで、【自動納骨堂】は、最大で8霊ほど収納できるようになっています。

耐用年数についても、【自動納骨堂】の場合、適切なメンテナンスを実施すれば、半永久的に使用することができます。

 

【自動納骨堂】は、追加負担不要で、最新ソフトウェアでのバージョンアップを提供しているので安心です。

常に最新の参拝環境を購入者に提供することが【自動納骨堂】では可能になっているので、とても便利です。

耐震性については、【自動納骨堂】の標準仕様では、200ガルの耐震性を有していますが、要望によって、耐震強度をアップすることもできます。

また、【自動納骨堂】の搬送機器のメンテナンスは、全国各地にある協力会社が迅速に対応してくれるので安心です。

そして、【自動納骨堂】のソフトウェア面でのメンテナンスは、ネット回線を通じて、トラブル回避に努めています。

納骨堂運営に係る要員を最小限に抑えながら、システム運用をサポートするメニューも【自動納骨堂】では用意しています。