月別アーカイブ: 2017年6月

【エコポイント】の発行方法

【エコポイント】と言えば、家電や住宅新築の際に貰えるポイントとして知られているかもしれません。 既に制度自体は終わりが近付いていますが、これからでもチャンスはあります。 ただし、今から【エコポイント】を取得するとなると少々難しいでしょう。 既に家電に付く【エコポイント】の制度は終了して久しく、残すところは住宅に関するものです。 家電に比べて何倍ものお金がかかるため、簡単には結論を出せないですね。 しかし、逆にこれから家を建てたり改築したりという事を検討している方は【エコポイント】のチャンスとも言えます。 その住宅に関しても、全ての条件で【エコポイント】が発行される訳ではないので気を付けましょう。 【エコポイント】が発行される期限があり、これを過ぎたものは条件に該当していても発行されません。 【エコポイント】は、対象となるものを購入しただけでは使用する事ができません。 そもそもポイントカードのようなものが一緒に付いてくる訳ではなく、【エコポイント】を貰うための手続きをしなければならないのです。 少々面倒に感じるかもしれませんが、【エコポイント】は政策の一環として行われているため仕方ないと言えるでしょう。 住宅【エコポイント】の例で見てみると、新築やリフォームの工事が完了した時点から話は始まります。 ただし、対象期間内に着工していないと【エコポイント】は発行されないので計画はゆとりを持って立てたいです。 【エコポイント】の発行やポイントの交換申請に関しては、工事が終わってから行います。 そして、住宅【エコポイント】はエコである事がテーマになっているため基準をクリアしている事を証明する必要があります。 この証明書の他に、様々な【エコポイント】に関する申請書類を持って申請窓口へ行きましょう。 【エコポイント】の申請窓口は全国各地に用意されているので、最寄りの窓口の場所をチェックしておきたいです。 申請窓口を利用しなくても、事務局に郵送という方法があります。 出かけるのが困難という場合には、申請窓口ではなく郵送という手段で【エコポイント】の手続きを済ませましょう。 そしてポイントが発行され、様々なアイテムと交換する事が可能になります。 【エコポイント】の発行と交換を同時にする必要はなく、期間内であれば申請窓口を通して随時交換が可能です。 こうして見ると申請窓口を通すあたり、やや作業感が強く【エコポイント】を得るまでに時間がかかります。 それを踏まえた上で、書類の用意を進めておくと良いでしょう。 ブログやサイトから、より詳しい【エコポイント】の発行方法についてチェック可能です。