月別アーカイブ: 2016年9月

日商PC検定の1級

【日商PC検定】の勉強をしていくと、会社の業務で扱うパソコンの技能を修得することが出来るようになります。
パソコン技能の習得こそが【日商PC検定】の目的であり、資格そのものに注目する事はあまりないかもしれません。
実際に、【日商PC検定】を資格欄に記入して就職や転職において格段に有利となるかというと難しそうです。
ただし【日商PC検定】は日本商工会議所が扱っているため、ネームバリュー自体は十分にあると言えます。
既にパソコンを扱えるという事は社会人にとって当たり前となっており、それを客観的に証明する【日商PC検定】には通常の資格と違った意味があります。
とは言え、【日商PC検定】の1級ともなると学生の頃から取得するのは容易ではないためある程度注目されるかもしれません。

【日商PC検定】を受検する前にまずは、それぞれの分野について注目しておきたいです。
【日商PC検定】には等級の他に、データ活用やプレゼン資料作成という分野があり試験内容も違ってきます。
パソコンを使うという事は共通していても、その内容が違えば作業も違います。
それぞれの分野で1級から3級まで用意されており、更に【日商PC検定】文書作成とデータ活用にはベーシック級が用意されています。
ベーシック級とは、言ってみれば入門編のようなものです。
【日商PC検定】において、このベーシック級はパソコン操作ができれば合格が見えるレベルです。
しかし3級以上となると、パソコン技能だけがあれば合格できるものではなくなります。
パソコン業務を前提としたものが【日商PC検定】なので、パソコン技能と仕事を結び付けなければなりません。
当然級が上がるごとに難易度も上がり、と考えるのが一般的なのですが【日商PC検定】の場合は少し様子が異なるようです。

【日商PC検定】の1級向けテキストというのは、現在どこを見ても手に入らないかもしれません。
というのも、1級に関しては3級や2級とは違い単に上位という位置づけではないのです。
3級と2級の内容をしっかり把握し、他人にわかりやすく説明できるレベルというのが【日商PC検定】1級に要求されます。
となると、最初から【日商PC検定】の1級を目指すのではなく段階的に目指していく方が結果的に効率的という事になるのでしょうか。
もちろん受験料や試験日の問題があるので、一概にどう【日商PC検定】を受けるのがベストかを言い切ることはできません。
特に【日商PC検定】の1級は、その他の級とは異なるタイミングで試験が開催されます。
【日商PC検定】の試験日など詳しい情報は、ブログやサイトからチェックすることもできます。

人気ドッグフードランキング