月別アーカイブ: 2012年4月

早稲田塾と川合千咲

早稲田塾に今現在通っている、という方はどの程度いるのでしょうか。
江ノ電の車両広告を買い取り、電車中を早稲田塾一色に染め上げるなんて大胆な事も正月の風物詩と言えるかもしれません。
早稲田塾と言えば、高校生達の現役合格を第一に考える予備校として徹底したカリキュラムが特徴ではないでしょうか。

早稲田塾は、大学に合格したらハイさようならと関係が断ち切られる事はありません。
受験勉強を単なる受験合格のための一時的な記憶に留めるのではなく、一生受験生の身となり骨となるような勉強を早稲田塾は提案しています。
受験合格は当然最優先される目標ですが、その先をも見据えた方針が早稲田塾の人気を支えていると言っても過言ではありません。
受験に関して必ずなんて事は有り得ないかもしれませんが、早稲田塾が心強い味方となってくれる事は間違いありません。
或いは、川合千咲さんという事で早稲田塾に興味を持った方がいるかもしれません。
料金が他の予備校に比べて少々割高という要素こそありますが、それを補って余りある厚遇が早稲田塾で高校生達を待っているかもしれません。
また、一般的な受験スタイルである一般入試のほかに、AO入試や推薦入試といった受験方法に力を注いでいるのも早稲田塾の特徴と言えるでしょう。
早稲田塾の卒塾生がインターンとしてサポートしてくれるのは、同じ目線に立ったもの同士としてより親近感が沸くかもしれませんね。
ただ、これら広告に力を注ぎすぎる反面、学費が他の予備校と比べて掛かってしまう点が早稲田塾の弱点と言えるかもしれません。
もちろん、早稲田塾はただ学費を荒稼ぎするだけではありません。
それではただのボッタクリですからね。
広告に見合うだけの授業やサポートを、早稲田塾では受けられる事でしょう。
早稲田塾の広告は、川合千咲さんがイメージキャラクターとして採用されたときから注目されています。

早稲田塾は、広告にも力を注いでいるのではないでしょうか。
DCCインターンのように、大学合格後に早稲田塾の後輩達のために一肌脱ごうという活動が盛んです。
もちろん、講師陣も全力で一人一人の受験をバックアップしてくれます。
雰囲気が良い、というのは早稲田塾に関連した掲示板などでしばしば書き込まれています。
早稲田塾についてやイメージキャラクターでもある川合千咲さんについて、詳しくはブログやサイトから情報を収集してみては如何でしょうか。