月別アーカイブ: 2011年11月

成人式の祝辞

成人式について人それぞれ様々なこだわりがあると思います。
それは置いておくとして、要は今まで育ててくれた親に感謝の気持ちを伝えるとか、そういうことが成人式に向けて多少気恥ずかしくても通るべき道なのではないかなと。

成人式はけれども大人の精神を受け入れる場所でもありますからね。
となれば、そうした人の考え方も尊重して、式典の途中はしっかり成人式にふさわしい振る舞いをすることが大事だと思います。
そうした切り替えも、成人式においてはとても大事なことだろうと思いますから。
お洒落をしたい人もいれば、成人式で久しぶりに会った友達とただ騒ぎたいだけだという人もいるでしょうね。
いつか自分が本当に大人になれたとき、成人式の時のことを思い出して誇りを持てるものにしたいとは少なくとも思いました。
まず形から入る、その姿勢も重要ですが成人式に向けて、心の方も鍛えていきたいところです。
成人式を誰もが最高の形で終えることが出来るように、協力していくことが大切なのではないでしょうか、そういう風に感じました。
あるいは滝に打たれて心のよこしまさを洗い流すのだ、などといっているわけではありません。
けれど成人式の価値がなくなるかといわれれば、決してそうではありません。
例えば成人式にて、偉い人が祝辞を述べられていたりするとき大声を出して騒いだりするような人たちのことですが。
成人式に向けて、心を鍛えるとは言っても、例えば山にこもって自然と一体化しろ、だとか。
心のどこかでいつも思っていたとしても、言葉にしなくちゃいけないときがある、成人式は、そういう言葉を伝えるのにもいい機会じゃないですか。
成人式では一方的に激励されたり、祝辞を述べられるだけでなく、日ごろの感謝を表す日にしましょう。

成人式を経て大人になると、そういうわけでは実は無いのかもしれません。
やはり人は自らの人生で学んだことしか取り入れることが出来ないものだろうと思いますから。
まあ成人式には一部本当にそういう修行をしたほうがいいのではないかという方もいるかもしれませんが。
成人式というものを意識したり、大人になるとはどういうことなのか、それを考えていくことが、誰にとっても成長していくための方法だと信じます。
それも一つの考え方だとは思いますが、成人式を厳かに過ごしたいと思っている人も、中にはいるかもしれません。
成人式を大切だと思えるように、自分の理想に近いそれを行えたらいいなあと思います。