カテゴリー別アーカイブ: スキルアップ

【日商PC検定】就職

【日商PC検定】とはもちろん、PCつまりパソコンに関する能力を証明する検定です。
日商といえば、どこかで聞き覚えがあるかもしれませんが日本商工会議所の事です。
つまり、【日商PC検定】は日本商工会議所が仕切る検定という事になります。
今までにもパソコンに関する能力を証明する検定は数多くありましたが、【日商PC検定】と言われると一気に信頼度が高まりそうですね。
だからといって、【日商PC検定】一つで有利資格と見るのは早計と言わざるを得ません。
現代においてパソコンが使えるという事は、特別な技能ではなく前提条件です。
もちろん【日商PC検定】を取得したという事実が全く参考にされないという事はないかもしれませんが、と言ってこれ一つを頼りにするのは難しいです。

【日商PC検定】はそれぞれ、文書作成とデータ活用とプレゼン資料作成というジャンルに分かれます。
細かく見ていくまでもなく、それぞれが何を意味しているのかは分かりそうですね。
ところで、【日商PC検定】が就職において武器になるかどうかは危ういという話がありましたが不要という事ではありません。
見ての通り【日商PC検定】からは文書作成やデータ活用等の知識や技術が養われるため、入社後の即戦力となり得るでしょう。
その能力を証明しているという意味で言えば、【日商PC検定】は多少なり評価に繋がってくるのでしょうか。
もちろん、そんな能力は何かに証明されるまでもなく用意されているという前提の場合には【日商PC検定】のみだと少々弱いです。
考え方としては、ITパスポート試験に向かうための準備という風に【日商PC検定】を位置づけられない事もなさそうです。
それなら【日商PC検定】ではなくITパスポート試験なら良いのかというと、やはりこれも上位資格を取得するための準備と捉えた方が良いかもしれません。

【日商PC検定】で就職を目指すのは難しいところかもしれませんが、だからと言って取得が無駄という事はないでしょう。
全ての内容を把握しているつもりでも、案外見落としは多いものです。
そうした記憶違いや曖昧にしていた部分を明快にするという目的からでも【日商PC検定】を受検する意義はあります。
因みに、【日商PC検定】を受検する際には受検する級によって時期が異なる可能性があるので注意しましょう。
公的資格の一つではありますが、商工会議所が取り仕切っているという事は【日商PC検定】に関する情報は手に入れやすいという事でもあります。
まずはブログやサイトから、【日商PC検定】について情報収集してみると良いかもしれません。