潜在意識とマーフィーの法則

潜在意識とマーフィーの法則は、どこか不思議ととても似ている面があります。
マーフィーの法則は「うまくいかないと思うと、やはりうまくいかない」といった内容で、潜在意識でマイナス思考にある状態と似ています。
マーフィーの法則を読むと、「確かに」と思うこともありますが、潜在意識の中でマイナス思考がそうさせているようにも感じます。
潜在意識をマイナスに傾いていることで起こしてしまったことが、法則化されているのが、まさしくマーフィーの法則なのでしょう。
潜在意識をマイナス面に傾けてしまうと、何かをしても失敗しやすいようです。
潜在意識の中でマイナスに傾きそうになったときには、プラスに変換する方法がサイトやブログなどにありますから、情報を集めて潜在意識を変えることも大事です。
潜在意識をプラスにする努力を惜しまないことが、マーフィーの法則から抜け出す道ともいえます。
誰でも挫折するという経験を持っていますが、その挫折経験をプラスに変換して、潜在意識に取り込むようにしたほうが人生の中ではプラスになります。
いわば潜在意識がギブアップしないように、マーフィーの法則は優しく失敗を笑い飛ばしてくれるというわけです。
しかしマーフィーの法則も、たとえ失敗しても、そうなる運命だったと、自分を慰め、自分の潜在意識に傷がつかないようにしてくれる面もあるのです。
潜在意識をコントロールする方法はサイトやブログで紹介されていますから、そうした情報を集め、常に潜在意識は最良の状態でいきたいものです。
潜在意識とマーフィーの法則は、両方を上手に使いこなすことが大切です。
ですからマーフィーの法則の上手な使い方は、挫折したり、失敗したときに、「こういうことも多々ある」と、潜在意識を前向きに考えなおすには最高の本です。
潜在意識とマーフィーの法則は、潜在意識をプラスのほうに傾ければ、マーフィーの法則から逃れられるようにも思われます。
マーフィーの法則はときどき慰めに使い、普段の行動はプラス思考の潜在意識を全開にしていきたいものです。
しかし潜在意識は常に揺れ動いているものですから、あまりマイナスに傾き過ぎないように訓練することも大事なのです。
徹底して、潜在意識をプラスに変えて「こうすれば、こうなる」と成功の方向へと思いこめば、潜在意識もそのように反応して成功に近づきます。
ただし、ときにはマーフィーの法則を読んで、「こういうこともあるなあ」と潜在意識を気楽にさせることも大事なのです。
マーフィーの法則は、その潜在意識がマイナスに傾いている状態で行動を起こすために、悪い結果が出てしまうという見本のような部分があります。
たとえば「うまく行かなくなりうるものは何でもうまくいかなくなる」という記述がマーフィーの法則にありますが、潜在意識がそうさせているように思えてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です