潜在意識の活用法

潜在意識の活用法は、多岐にわたっています。
潜在意識を活用すると、生活や人間関係、仕事など、さまざまなことに、積極的に立ち向かうことができるようになります。
潜在意識は「自分では意識していない意識」ですから、真の自分と言ってもよく、真の自分である潜在意識を活発にさせることができれば、物事をスムーズにこなせます。
たとえば、自分では苦手と思っていることでも、潜在意識の中で、その苦手なものを克服したいと念じていれば、克服できるようになるのです。
潜在意識という自分は、常に何かを克服したいと考えているもので、「私には無理」といつも思っていることを克服したがっているのです。
ですから自らの潜在意識を探り、本来の自分はどうなのかを見つめなおしてみれば、潜在意識の活用法も見つかってくるはずです。
潜在意識の持つ力は、自分で思っているよりも強力です。
ですから、潜在意識の力の活用法を、サイトやブログ、掲示板などで情報を集め、どのようにしたら潜在意識を活用できるか考えてみましょう。
そのためには、常に潜在意識を「自分では意識していない意識」とせずに、「もう一人の常に向上心を持った自分」と考えてみましょう。
どのように潜在意識を活用していくようにすればいいのかといえば、自分が本当はどう振舞いたいのか、何をしたいのかという心の声を聞くことです。
すると潜在意識は、自分の意識に流れ込んでいくのです。
潜在意識の活用法は、自分が今よりももっと素晴らしい存在になるためのヒントがいくつも隠されているものなのです。
すると潜在意識は、その人の行動や考え方、感じ方を無意識に表すものですから、その達成したいことに向かって努力するようになります。
潜在意識はその人の行動や考え方、感じ方をストレートに表しますから、そうしたことに注意して、自分を客観的に見てみると潜在意識がわかってきます。
なぜなら潜在意識こそが、真実の自分であり、意識であり、姿なのですから、潜在意識を味方につけて活用すればいいのです。
ですから「自分には無理」と感じていることでも、潜在意識では「絶対にやりとげたい」という意識があれば、達成することも可能なのです。
潜在意識の活用法は、自ら、自分の潜在意識をあえて意識しなければなりません。
ですから潜在意識をじっくりと見つめ直し、自分が達成したいことがあったならば、その達成したいことをもっともっと潜在意識に移しこむのです。
潜在意識をおろそかにしてはいけません。
潜在意識ほど、実は強力な意識はないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です